スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「津波てんでんこ」

23/5/23 (月) 曇り一時雨

 

山椒の実 社長から貰ったんだけど、

このつぶつぶを一個づつ取り外すのが手間ですね、

これからやるから、茹でるのは又丑三つ時になるかな

 

 

午前中に例の給湯機不具合の修理に見えた。
今日は課長職のいかにも日本人営業マンと言った方だった。


この方東北出身だそうで、この度の大震災で石巻在住だった叔父さんが犠牲になられたそうだ。夫婦二人だけの所帯でこの叔父さんは寝たきりだったそうで、叔母さんは連れ出すことが出来ず、
叔父さんも『俺にかまわず、逃げろ』と言うので叔母さん一人逃げたそうです。
その後近くで亡骸が見つかったそうです。

これは辛い話ですね。正に三陸地方に伝わる伝承通りの有様ですね。


私思うんですが、未だに国は復興計画を立てていませんが、このままなすがままにしていると又元の土地にてんでんばらばら家を建ててしまったら、もうその時は遅いですよね。

今まさに更地の今こそチャンスだと思うのです。
高台に逃げろではなく低地に堅牢な高層建築を建てるべきだと思う。

そうすればこんな悲劇は二度と経験しなくていいと思うの。

 

一時土地の所有権を停止して国家千年の計を建てるべきだと思う。

海岸べりには堅牢な建築しか許可せず、中小の土地は国が買い上げ堅牢な住宅を提供すべきだと思う。

 

国家千年の計を立て実行出来る偉大な政治家や何処!!

 

修理費
リモコン2台取り替え
部品代:23,500円(12,000円+11,500円)
作業料:10,800円
出張費: 2,200円
消費税: 1,825円
  計:38,325円也

 

前回の見積もりは何だったんだろうか、聞かないし先方も言わなかったが、
部品代が1台18,000円で修理費が18,000円と言ったんだよね。


「てんでんこ」とは
「てんでんばらばら」という意味であり、「津波が来たら、肉親に構わず、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」ということがこの伝承の本来の意味である。

 

津波は到達速度が速いため、肉親等に構っていると逃げ遅れて共倒れになってしまう。

一族を存続させるためにも、自分一人だけでもとにかく早く高台へと逃げよ、ということであるが、「自分の命は、自分の責任で守れ」ということも含意しているとされる。

 

また、自分自身は逃げて助かったのに、他人を助けられなかったとしても、それを非難しないという不文律にもなっている。

「ウイキより」

 

スポンサーサイト

義捐金の送り先

23/4/23 (土) 終日強雨

 

お隣さんが持って来ました、以前手前味噌を差し上げていたお礼ですって

プルマンとレーズンパンを焼いてみました。

私はいつも国産小麦粉を使っていますので久しぶりに一般市販の強力粉焼きました、

気のせいか硬質な焼きあがりの様な気がしました、もちもち感は無いですね、

1本お返ししましたよ。

プルマン800g、レーズンパン200gで使い切りました

 

孫氏の巨額には及びもつかないが私なりに貧者の一灯を捧げたいと思う。


考えた末、毎月収入の1割をお送りしようと決めた。

送り先は日赤が一番無難であろうと思っていたが、少し前の産経新聞によると地方に配分を任せていると埒が明かないので政府が関与するとあった。

そして配分は外国人や外国人旅行者にも差し上げる意向だとあった。


ご冗談でしょう!
いつでも逃げ帰えられる祖国のある外国人に、なぜ私の貧者の一灯をあげなければならないのよ。

絶対に嫌でござんす。
偏狭と言われようとかまわない。嫌でござんすっ。

 

じゃ、各県に送ればよいのだろうか、

私は区役所に行った時に防災課に行って聞いてきました。

どこか日本人にだけ配分される団体は無いかと、県に送ればいいのかと、


二人の役人が応対してくれましたが、県に送っても外国人登録をしている外国人には配分されるでしょう。なぜなら彼等も税金払って居ますから!


来た~、税金払って居たらその国の国民と同じ権利があると言いたいのね、役人は。

税金と言うものはその土地で収入がある人なら内外人を問わず払うのが当たり前でしょう。
その対価の社会サービスを享受しているでしょうが、と諸々と言って役人を論破してやりました。


とにかく外国人には差し上げたくない住民が一人いる事を知らしめて来ました。

 

とりあえず各県に毎月1割づつ送る事にして第一回は娘が力をいれている「わんこ」達の為に送るように娘に託しました。

 

ソフトバンクの孫氏の巨額は確かに驚きですが私が驚いたのはその一人占めの儲けです。
今回の件が無ければどれほどの儲けがひそかに彼一人の懐に入っていた事でしょうか、

これこそ格差の最たるものです。

 

日本国であればこそそれほどの儲けが得られるのに彼は日本国を愛しているのでしょうかね。日本であればこそとお陰さまと思っているのでしょうか。

 

もう一人の祖先が朝鮮半島と言われる池田大作氏は音無しですが、彼は毎年労せずして

巨額の金を集めて溜めこんでいるんですがこんな時こそ放出するべきでしょうけどね。

孫氏が100億でしたら創価学会は1兆円は出せるんではないでしょうかね、

でもそれですべての罪科が免罪になるのは嫌だな。

 

各県の義捐金受け入れ先


宮城県
岩手県」「福島県茨城県」「千葉県青森県

 

 

東北の人は素晴らしい

23/4/4 (月) 晴れ

 

三陸の海

 

私は今ほとんどテレビのニュースやバラエティ等見ない。
しかし旦那が一日中テレビを見ているので映像は目に入るし、

ニュースは新聞(産経新聞)かネットで見る。


だからあんまり網羅しているとは言えないが目に入った限りでは東北の人達の素晴らしさが印象的である。

今まで幾多の災害が日本の各地を襲ったがほとんどの地方では被害者は何かしら怒り狂っている画像が提供されていたと思う。

しかしこの度の災害の被害者は怒り狂った映像は目に入らない。


皆さん高潔はお顔をしていらして静かに微笑みさえ浮かべている方がほとんどである。
同胞を信じて未来を信じたお顔をしておられる。


今更ながら日本人は素晴らしいと自画自賛している方々が怫然と現れたが、
否!違う!東北の人達が素晴らしいと思うのだ。

 

原日本人は元々このような気質を持っていたと思う。
少なくとも私が物心ついた頃の日本人はそうであった。

 

娘とそんな話をしたら、娘は飛行機の仕事をしているので世界各地や日本各地の人々のあり様を見ているが、
『そうなのよ、東北の人達は辛抱強くて絶対に文句と言うものを言わない人達なのよ、

トラブルがあって何時間遅れても文句ひとつ言わずに待ってくれる人達なのよ、只の一回も文句を言われた事が無いのよ』と言う。


狭い日本だけど地方によってこうも違うのね。

ちなみに人の階層でも違うらしい。

 

大分前にニューヨークで大雪の為に空港が閉鎖されて何十時間も飛行機の中に留め置かれた事があった時も誰のせいでもない天候のせいなのにどうしてくれるんだと文句だらだら言う人が多かったそうですが、超一流会社の偉いお方が『君達も大変でしたね、御苦労さま』と労って頂いた時は大変報われた気持ちになったそうです。


娘はやはり偉くなる人は違うと感じ入ったそうです。多分この偉いお方も東北のお方ではないでしょうかね。中途半端な階層が一番文句を言うそうです。

 

人は困難に陥るとすぐ人を責めますが、交通機関が運輸会社のせいでもないトラブルに巻き込まれた時に文句を言っている人の映像を流しますが、醜いですね。
私も自戒しましょう。

 

 

 

日本人に生まれてよかった

23/4/3 晴れ

 

今日のクルミパンは最高

今日も昨日と同じく家に籠りパン作り。
今朝は何のイベントも無い日曜日にしては早起きして7時に郵便局本局に

パンを持ち込んだ。


それだけ早ければ今日中に届くかと思ったが甘かった。

24時間対応しているそうで(大変ですねぇ)午前2時までに届ければ今日中に配達出来たそうです。午前2時はさすがの私も寝ています。

 

今日は娘宅分と我が家分のプルマンと昨日作ったクルミパンがちょっと納得出来なかったので再度挑戦した。レシピは白神酵母の大塚せつ子先生の本だけどなぜか砂糖の量が少なくてやや塩パンの様な味わいだったの。
その本のは3%だったので普通のパンの砂糖量の5%にしてみたら私的には丁度良い。

 

それから予熱と二次発酵が重複してやや過発酵かなと慌てたが、このくらい膨らんだ方が良かったみたいだ。写真は一旦袋に入れてから撮ったので潰れているが形もなかなかよいのだ。
誰かに食べて貰いたいな~ 違いの判る人にね!

 

 

20間も海上を漂っていた犬が救出されましたね。
20間も飲まず食わずだったのでしょうか、痩せこけてはいませんね、
食べるものがあったのでしょうか、水は海水は飲んだら駄目だと言われているけど

犬の場合はどうでしょうか。

 

犬だって人間と同じ感情を持っています。どんな気持ちで生き抜いたのでしょうか。

助けてくれた人に近づき信頼のあかし舐めようとするしぐさにホロりとします。

 

犬一匹でも危険を冒して救出する日本は素晴らしい。
そして暖かそうな毛布でくるんであげる日本は素晴らしい。

海上のガレキの上に犬が…海上保安庁が救出
http://www.news24.jp/articles/2011/04/01/07179952.html#
気仙沼市沖合で救助された犬、塩釜港に到着

http://www.news24.jp/articles/2011/04/02/07180002.html#

 

 

 

陸前高田の思い出

23/3/28 (月) 晴れ

 

「キャピタルホテル1000」

「ラナイ」高田の松原公園と向こうの三陸の海

 

高田の松原公園

ホテルと松原の間に湿地帯の様な運河の様な、ワイキキにも運河がありますね

豪華なデイナーでした、前菜

メーンのビーフ

デザートもオサレ

朝食よ

  

自分へのお土産はモチ海産物よ

 

 

平成21年11月16日頃娘と東北、三陸の旅に参加した。
二日目の宿は陸前高田の「キャピタルホテル1000」だった。
ガイドさんの話では陸前高田出身の千昌夫の経営するホテルです、だからそれにちなんでホテルの名前も1000ですと説明された。

 

そのホテルは鄙には珍しく海辺の埋め立て地のようなベイエリアにあり、まるでワイキキのホテルを彷彿とさせるおしゃれなホテルだった。
部屋のラナイ(と言ってみる)から海を見ているとワイキキで泊った海沿いのエリアの

ホテルの雰囲気があり、下を見下ろすといかにもリゾートらしきプールもあった。
でもこの東北では海辺のプールは年にどのくらい稼働するのかなとも
思った、

 

しかしこの東北の田舎から出て出世して故郷に錦を飾りたかった千昌夫の心情が痛いほど感じられた。
大好きなハワイのリゾートホテルを模したホテルが完成した時は嬉しかっただろうなと

私も同感の思いがした。

 

しかしなんでも確かめずにはいられない、わたし!
フロントで聞きましたよ。
「このホテルの経営者は千昌夫ですか」
『いいえ、何の関係もありません、当初この街の出身と言う事で少し出資はして頂きましたが、もうすでに資本は引き揚げられて無関係です』と
そうなんだ、でもガイドさんはそう思っているよ。

 

ツアーなので自由時間は無いのでホテルの近くの「駅の道」に行って海産物等買った位で太平洋に臨む高田の松原に興味はあったが行けなかった。
その松林が奇跡の1本を残して全滅したらしい。


往還に大きな甲板がありそこには「千昌夫と村上弘明の出身地」とあった。

街の誉れだ。
あのホテルはどうなっているのだろうか。


渡部陽一さんのブログ
岩手県 陸前高田

http://yoichi4001.iza.ne.jp/blog/entry/2215353/
http://yoichi4001.iza.ne.jp/blog/entry/2216689/

 

右下に見える白いビルが「キャピタルホテル1000」らしい

 

 

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。