スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つき

22/12/25 (土) 晴れ 富士山朝夕見える

 

今年も例年通り10キロ搗きました

この「セイロ」も40年以上になります

今日は天気晴朗なれど風強し、富士を見ながらお餅搗き

これで全部 あんこ餅は去年の半分 甘さ控えめで美味しいです、

ヨモギ餅はのし餅にしてみました

納豆餅を食する親子

 

あんこ餅は一個づつラップして冷凍します

 

ちょっと早いんだけど諸般の事情で今日餅つきした。
ここ数年は旦那抜きで息子と娘の3人でやっていたのだ。

 

なぜ旦那抜きにしたかと言うとあれこれセレモニーを要求するから面倒だったのだ。

しかし今年は子供達の都合が25日しかつかないのに息子は昼まで、娘は昼からしか来れないと悶着していたら旦那が俺がやるからと言うので混ぜてやった。


セレモニーと言うのは搗きたての餅で「ぜんざい」「黄粉餅」「大根おろし」「納豆」を用意しなければならないの。私も年と共に面倒になり搗くだけと言う行事にしたのだ。

 

年に一度だけの行事なのでいつも新たで試行錯誤するの。今回は全部つぶつぶの餅になった、それこそ羽二重の様な餅肌の餅は出来なかった。
蒸かしが足りないのか、もち米が悪いのか原因が判らない。

去年までは餅肌のが半分くらいは出来たが今年は全部ぶつぶつ餅肌の出来上がり。

だからもち米が悪いのではないかと息子は言う。
今まで買っていた老舗の米屋が廃業したので地方から取り寄せてみたんだけど、米が原因ってありますかね。

どなたか「正当餅つきの理」を教えて下さいませんかね。

 

お陰で午前中で終わったので午後から「ジャムハウス」にお茶しに行ったら、まぁママが大歓迎してくれてホットサンドとコーヒーをご馳走してくれた。


ママは食パンは以前からこれはちょっとと思っていたそうだけど、最近これではお金貰えないと思い始めたらすっかり自信なくしてもうパン屋止めようかと深刻に悩んでいたそうだ。


そこへ私がさっそうと現れたのでまるで救世主の様だったそうです。

 

 

 

スポンサーサイト

恒例の餅搗き

21/12/27 (日)どんより晴れ

 

 

搗くよりも捏ねが大事です

手水、うち返しも大事です

兄妹の息も大事です

今年は8臼搗きました。私の大好きなこし餡大福です

今日の陽よありがとう

 

今日は我が家恒例の餅つき


子供たちは餅が大好きと言うわけではないが、この行事には必ず時間を割いてくれる。

嬉しいことだ。息子もすっかり餅つき名人になってしまった。
これからどこに呼ばれても蘊蓄を傾けることが出来るだろう。今年も例年通り10Kg搗いた。大福餅は例年より少なくした。冷凍して3月ごろまで私の朝食及びおやつになる。


今週は風邪との戦いでした。月曜日ごろから喉が変と感じましたが、水木金あたりがピークでした。
症状別の風邪薬の宣伝をしていますが私の場合、オールラウンドでした。
特に咳、痰が酷いんですが、夜床に入ってからが酷く一晩中咳き込んでいました。


でもまぁ、私って丈夫ですよね、
気力、体力はありました。なるべく外に出ないで過ごしましたよ。
医者には行かずに以前からあった風邪薬を自分で見繕って飲みました。
私は残った薬は捨てずに分類して保存しておきます。

 

①ピーエイ錠:鼻詰まりや鼻水を抑える
②ダーゼン錠:炎症や腫れを抑え、痰のキレを良くする
アスべリン錠:咳を鎮め、痰を切る
④ムコソルバン錠:痰を出しやすくする
⑤コカール錠:痛みや発熱を抑える

 

明日は今年最後の仕事ですがマスクをして行きますよ。

 

お恥ずかしいんですが我が息子のおバカぶりを披露します。

息子は幼少の頃からタイガーマスクとか!へんし~~ん!とかのアニメ好きでしたが、
それが高じて年賀状は毎年こんな恰好をして作成します。


私と娘は冷笑しているんですが本人はいたって真面目、期待してくれる人達がいるからと申してますが、いろんなポーズの写真を取らされる私達は笑いをこらえることが出来ません。

恒例の餅つき



1キロの小豆からこれだけの漉し餡が出来た、
これを2回に分けて練る。砂糖と塩の具合を見るのに
何度味見したろうか。



この臼で約1キロ搗ける、今日は最初に3キロ位にしたら
巧く搗けなかった。息子の談



10キロ分の出来上がり、あんこ餅はこれからの私の朝食になる。美味しい~~よ~~

19/12/30 (日)晴れ 夕方富士山見える

今日は恒例の餅つきをした。
づ~っと昔は家族4人でやっていたが、ここ数年は旦那抜きで3人でやっている。旦那がいるとやれ、納豆だ、大根おろしだ、黄な粉だ、ぜんざいだと煩い事を言うので私の労働が倍加するのだ。

ところが今回は娘が昨日からニューヨークに行ったので息子と二人でやった。昨夜から1キロの小豆を煮て漉し餡を作り、10キロのもち米を洗い、傍ら黒豆の煮物もやりながらなので寝るのが遅くなり、息子は搗き専門なので私1人でやるのは矢張り無理があり、途中から疲れから頭痛がしてきたわ。
矢張り1人では無理ねぇ。

終わってから少し寝たらいくらか気分よくなった、
親友に餅を取りに来るように電話してあったので来てくれたのでコーヒーやお茶を飲んだりおしゃべりしていたら一段と良くなったわ。

この春にヨモギを少しずつ摘んで冷凍保存していたのでヨモギ大福も作った。香が良くてとっても美味しい。小豆も必ず漉し餡にするがこれは母がよくやっていたので見ていて覚えたものだ、娘には伝承していないけど将来やってくれるかな、でも今のところは何の感慨も抱いていないようだ。

この臼と杵で搗く餅つきは私の拘りだけど、母の思い出として伝承してくれると嬉しいな。

昔義母を招待したら「大変ねぇ」と言っていたが好きだから大変でも大変ではないのだ。「大変と思うならやりません」この行事は死ぬまで続けたいな。


おすすめブログ
「ねぇねぇ日記」http://mojifu.blog69.fc2.com/

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。