スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題



「チョロ」ったらぁ、 
私が新聞読もうとするといつもこうなんだからぁ。 
「チョロ」も98才の「ばぁさん」も頑張っていますよ。 



食欲が無いので作ってみました。 
「長いも」と「大葉」を細に切って梅を漬けた時取り置いた、梅酢だけであえてみました、さっぱりして食が進みました。 

19/7/31 (火) 曇り、過ごしやすい 

書きたい事は糞詰まり(汚くてゴメン)状態にありますがまとまらないので落ち着いたらその件は書きますとも。 

午前は訪問介護の仕事で被害妄想(奥様が)のご夫婦宅に行きましたら。 

奥様何か変、、暗いの、 

そしておもむろに仰るの。 
「貴女には良くして貰って有り難いと思っているのだけど、もう家にはお金が一銭も無いのよ、だからもう来て貰わなくても良いのです」と 

このお宅はお金は沢山あって社会福祉協議会の権利擁護事業で 
財産管理をして貰っているのですが、ぼけてしまってもうお金が無いとばかり思いこんでいるのです。 

それで「社協」に電話しましたら7月9日に10万円おろして渡してあるというので探しましたら、48,000円が出てきました。 

その探し回る姿は哀れでしたね。 
認知症で被害妄想なのに、やはり老人性ぼけの持病持ちの旦那様との家庭を守ろうとしている主婦の姿がです。 

ケアマネとして親族を集めて「担当者会議」を開催して施設に 
入居が最善との結論に達したのですが奥様が頑として承知しませんので、在宅で見守っているところですが、もう主婦業は廃業して上げ膳据え膳で暮らして貰いたいと切に願っております。 

お金が出てきたら途端に破顔一笑。 
良かった、よかった、私も失職しなくて良かったぁ。 

スポンサーサイト

残念なり

19/7/30 (月) 

これからも闘う為には力(財力、知力、組織力)をつけてこの盛り上がりを持続しなければならないと思います。 

皆様一段と奮起しましょう。

「日本再生ネットワーク」に入会したわ

人気ブログ「博士の独り言」のコメント覧で見つけました。
 
日本再生ネットワーク」 

私の志と同じでしたので早速入会しました。 

http://homepage2.nifty.com/ikaruga/new_page_9.htm

土用のウナギ

17/7/29 (日)曇り、雷雨めまぐるしい天気 

今日は土用のうしの日だそうで、スーパーにウナギがどっさり展示されていたが、全て国産となっている。 

この間まで中国産が幅をきかせていたのにこの変わり身の早いこと。 
しかし、今まであった中国産とちっとも変わりないどぎつい姿の蒲焼きや肝焼き。 

ウナギの蒲焼きってそんなに急に製造出来るものだろうか、蒲焼きになるまでには数年かかるだろうに、中国産が問題視されたのは最近の話、スーパーも急に国産の手当が出来なくて困っていると報道していたが我が街の名もないスーパーがどうしてオール国産の手当が出来たのだろうか。 

もう何を信じて良いのやら、当分ウナギは食べない事ね。 
今夜は国産牛を焼いて頂いた無農薬の辛み大根で食べたわ。 
精の付きすぎ。江戸時代と違って毎日精の付くものばかりたべているなぁ。 

江戸人は普段はどんなものを食べていたのだろうか。 
そう言えば江戸っ子の我が98才の老婆もウナギをとても珍重するなぁ。 

私の獲得した票は何票?



渋谷ハチ公前にて街宣者に抗議する中国人 


19/7/29 (日) 曇り、雷雨、亜熱帯気候 

確実な票は家族5人、別居の息子は多分今まで棄権していたと思うが、私はなんとしても投票して貰いたくて、何度も電話したりFAXしたりと「母の一生のお願い」と母の恩から攻めた。 
今日息子から電話があり今から投票に行くが「名前は、党は?」と問い合わせてきた。 
母の至誠が通じたのだ、嬉しかった。 
それから、私の大好きな恵比寿のレストランのマダムからも「行ってきましたよ~」とメールが来た。 

そして義母、創価学会のやり方からすると許されると思うが 
病院に電話して聞いた「義母は字が書けないが、代理の方が代筆してくれるのですか」と、 
「家族の方が代筆なさるのでしたら本人と認めますよ」との事だったので代筆してきた。本人が書けるとしても私のお願いは聞く筈だから違法ではないと思う。 

その他私の親戚、兄弟、知り合い150名程に手紙、FAX、メールでお願いしたが、私の方からは「入れてくれた?」とは聞かない。そこまでの強制はしない。 

ところで26日に「せと候補達」が命がけで「朝鮮総連、信濃町駅頭、歌舞伎町」での街宣の模様が動画でアップされたのでこちらでも転載します。 
本当に瀨戸さんは命をかけていますね。 
私が盾となってあげたいほどです。 

http://jp.youtube.com/watch?v=GQFxiOnxGWI 

東京ミッドタウン


ミッドタウンの入り口のオブジェ 


仲間がネットで探してくれた付近の居酒屋で 


サクランボの漬け物、味はなんと言いましょうか 

19/7/28 (土) どんより晴れ 酷暑 

今日は日中ぐだぐだとした過ごし方。夕方早めに犬の散歩をすまし今話題の六本木の「東京ミッドタウン」(旧防衛庁跡地開発ビル群)に行った。 

本当は早めに行って付近を探索したかったんだけど、犬の散歩の都合で集合時間の15分前に着いた。 

写真の仲間がミッドタウン内、富士フイルムのギャラリーで写真展に出展しているのでその見物をかねて久しぶりに飲もうとお誘いがあった。 

昔、15年程前にどうせなら良い写真を撮りたいと思い写真教室に入りその頃知り合った仲間が「ピンぼけクラブ」と名付けて年に数回邂逅している気の置けない仲間だ。 
写真好きは大体旅も好きなので気が合うのだ。 
私は肝心の写真の方はとっくに見限って友情だけを保っているのだ。 

今日は8名だったが、いつも常連だった方が難病になられた消息を聞いたが、私は心が痛んだ。 
その方は74.5才の男性で始めて知り合った頃は奥様が難病で介護しておられた、そして奥様が亡くなられてからは一人暮らしながら写真の仲間との写真の旅など楽しまれていたが、 

何時の頃からか、すぐ酔っぱらい呂律がまわらないしゃべり方をされるので、私は敬遠していた。 
お酒に飲まれておまけに入れ歯も合わないで、嫌だなぁと思っていた。 

最近やっと病名が判明してそれは、東京都の指定難病、74病の中の一つ「筋萎縮性側索硬化症」と言う難病だったのだ。 

あの聞いててイライラさせられるしゃべり方はその病気の初期の兆候だったのだろう。 
本当にもうしわけない事であった。 

終の棲家はいずこに



ポスター自由区(私はここに8枚も貼ったわ)

19/7/27(金) 晴れ、亜熱帯 

ケアマネと言えば「老後、介護」の専門家のごとく扱われ、今や何でもかんでも「ケアマネ」に相談して下さいと言っている。 

話は本筋からそれるが、今日の朝日新聞に「新潟中越沖地震」の被災者の声として「ケアマネも安否を尋ねてくれなかった」という報道をしていたが、ケアマネってそんなに全責任が課されているのだろうか。 
そりゃ、人間として隣人としてなら困難な状況の方の安否を尋ね手をさしのべるのは誰にでも求められる倫理だと思う。 

話は本筋に戻るが、 
私はケアマネの今だ新人で一つ一つ経験しながら成長している段階だ。 
この度の義母のこれからについても悩んでいるが「実地研修」と云えなくもない。 

紆余曲折を書くと饒舌になるので割愛して特養「特別養護老人ホーム」について感じた事を書いてみる。 
私の認識不足であったが、特養に入れれば安心だとばかり思っていたが、とんでもない、終の棲家では無いことがわかった。 

まずもってちょっとやそっとでは入れない。 
この度申し込みに行った(入所出来る訳では無いが区外の施設に申し込む為に区内の1カ所に申し込まなければならなかったから)施設で得た知識です。 

この施設は立地条件が素晴らしい、でもここに入るには 
介護度が平均4点3だそうだ。 
我が義母の介護度1では区外でも難しいらしい。 

運良く(?)入所出来たとしても医療は行われないので具合が悪くなれば施設外の病院に入院しなければならないが3ヶ月以上入院が経過したら退所しなければならない、そして優先的に再入所出来るわけでは無い。 
それから又医療施設を転々と漂流する生活が始まるわけだ。 

つまりここに最後まで居られる人は健康な認知症の人かしらね。 
認知症は介護度が高くなる傾向だから。 

昨日義母の入院している病院の相談員に相談したが、我が義母は家族が全面的に見る以外方法が無いことがわかった。 
義母の入院期間もすでに2ヶ月になる。 

「さんごママ」よ覚悟はあるのか、、、、、、 

今日も犬の散歩の時チラシを配った。 
ポスター自由区の我が党のポスターを破り他のポスターを貼った奴がいる。お返ししたら我が党の品位が落ちるので止めとくわ。

老婆、拉致される


久しぶりの富士山 

19/7/24 (火) 晴れ 富士山見える 

日曜日に期日前投票に行ったとき目撃した事である。 
投票が終わり外に出たら、丁度タクシーが止まり中から 
うちの98歳の老婆より心身耗弱状態の老婆が3人の屈強な男に 
取り囲まれて出てきた。 
それは正に「拉致」そのものであった。 

やっとの事で中に入り諸手続を男達がしている間、首を垂れて椅子に腰掛けていたが、私達はそれ以上は見ていないが。 
老婆は自分で投票用紙に記入するのであろうか、誰か代理のものが記入するのであろうか、 

と言うのは我が老婆もすでに数年前から字が書けないのだ。 
うちの老婆は熱心な創価学会の信者でいつも言われるままに 
公明党」に投票していたが、こんなにぼけぼけで字も書けないのに投票するのは害そのものだと思い、去年は投票しないように言い渡した。 

本人も了承していたが、ケアハウスに住んでいる信者が施設で代理で書いてくれるので行こうと誘いに来たらしい。 
でも嫁に言われているので行かないと言ったら幹部を連れてきてさらに説得したらしい。 

それで老婆はパニックになり施設の職員のところに助けを求めたらしい、それで施設から私に電話があり私はその婆さんに「ぼけているし、字も書けないのだから、投票はさせません」ときつく言った。 

そして月曜日に例の腰痛の利用者を訪問したら、 
やはり学会の人から電話があり土曜日に連れ出されるらしい。 

彼女は痴呆でありほとんど寝たきり状態で普段は誰も訪ねて来ないのに貴重な1票としてこんな時だけお誘いがあるのだ。 

非難を恐れずに言います。 
うちの老婆のように超高齢者や痴呆の人にまで選挙権を上げるのは如何なものでしょうか。 

臆面も無く「拉致」出来る輩の餌食になるだけでしょう。 
私だって1票は欲しいです。 
でもうちの老婆や痴呆の人に入れてくれとは言えません。

  

ボリショイサーカス



19/7/22 (日) 曇り 

今日は午前中、期日前投票をすませ、 
午後2時から千駄ヶ谷の東京体育館に「ボリショイサーカス」を観に行った。 

前にも書いているが下半身が全て癌に侵されたが、手術していまは元気で現役で働いている親友の誕生日を娘が祝ってくれてスペシャル席をプレゼントしてくれたのだ。 

前にも私は高校時代からの大親友を癌で失い意気消沈した事があるが、この親友が癌になった時又親友を失ったらもう駄目だと嘆いていたことがあるが、幸い今の所は元気である。 

だから私はなるだけこの親友とは良き思い出を作るように心しているが、娘も私の気持ちを大事にしてくれているのだと思う 

サーカスは童心に返って楽しいに違いないと私の友人の誕生日まで祝ってくれるのだ。私は嬉しいよ。 

サーカス見物は何十年ぶりだろうか。 
2時間たっぷり、笑ったり拍手したり本当に楽しかった。 
私達が思う存分楽しんでいる様を見て娘も満足していた。 
お金はこのように使うもんだね。 
私が教えた訳では無いが我が娘の成長が私は嬉しい。 

満席で全ての演技が素晴らしかったが猫達の演技が笑えた。 
家にも猫がいるが猫に演技をさせるのは難しいと思うんだ。 
空中ブランコや綱渡りなど定番の演技も見事であった。 

それより感心したのは、犬、熊、虎、芸人などと一緒に写真を撮る商売が大繁盛していたが、犬や熊が立派にモデルを務めていた。 
ポラロイド写真1枚が1,000円で行列の繁盛で、商魂逞しく15分の休憩時間や終演後まで商売していたが、この売り上げは相当なものだろう。 

ちなみに親友は昭和8年産まれで74歳だが、若い、元気だと言われる私より若くて元気だ、私負けるよ。 

意気消沈、気力下降、



①築地場外市場の入り口、
今日は土曜日で人通りが無いが平日は凄い人出だから見立つわよ。
 



  

②③ 
ポスター自由区(らしい) 「さんご」も見張ってくれている。

19/7/21 (土) 晴れ、曇り 

今日は午前中、98歳の義母の介護認定調査に立ち会う。 今度は少しでも介護度を上げて貰いたいと思っていたが、 
なんと老婆はしゃきしゃき受け答えした上に、終了してから調査員と廊下で話している時に、車椅子で移動していると思って居たのに看護師に手を引かれてとは言え二足歩行で歩いて来た。 

もう駄目だ、 現状維持が精一杯だな。 

調査員と話していたのは今後の事だった、 ケアハウスでは一人暮らしはもう無理だと調査員も認めている。 区内の5施設はほとんど4.5の介護度で無いと無理らしい、。介護度Ⅰではどっか遠く栃木当たりですぐ入れた人が居たそうだ。 
老健(介護老人保健施設)はどうかと言われるが、それとて区内には評判の悪い民間施設が1カ所あるだけだ。 「老健」もつなぎでしかないが、多分どこも満杯だろうし。 

さぁ、さぁ、 さぁ、、、
「さんごママ」ど~する、ど~する、ど~すんのよ~。 

やはり最後は家族の介護力しか頼れるところは無いと思う。 そりゃぁ、自己満足の為にも家族で最後を看取りたいとは思うが、何せ東京は超都心のマンション住まいでは「置く場所」が無い。 
旦那に相談してもいつも「なるようになるさ」と言う台詞しか出てこない。 

「なるようになるわけないだろう」 
「私が、いつもなしていたのよ」 

お金があればね、まだ何とかなるのだけどね。 私達の老後資金を使うわけにはいかないのよ。 もうすぐ私達にも老後生活が来るのよ。 我が愛しの子供達にこんな思いはさせられない。 せめてお金の面だけでもね。 

なぜか、なぜか、いつの間にかテンションがぐぅ~~~っと下がり家に帰り着いたときは鬱状態になっていた。 又これからしばらくは心身機能が低下して生きる希望が失せるのだろうな。 

鬱、うつ、鬱、、、 
娘相手に愚痴こぼしてもしょうが無いので、気を取り直して風呂に入り、築地に行った。 

新風の東京事務所に行って、チラシとポスターを受け取り 途中、築地場外市場の目立つ壁に公明党と共産党と桝添さんだけしか貼っていない絶好の場所を見つけたのでコソコソしながら貼った。 

そして夕方犬の散歩の途中例のブロック塀(ポスター自由区) にべたべた貼った。合計6枚も貼ったよ。 

いくらか気が晴れたわ。 これで議席が取れたらストレス発散するだろうな。 

事務所で留守番の鈴木候補の奥さんに聞いた話だが、 嫌がらせの電話はたった2件だけで、比例区の瀨戸候補の政見放送を聞いて「はげしく共感」したとか、応援していますと激励の電話やら、ポスター貼りを手伝いますと来所される方もいるらしい。 

運動員も前回とは違う手応えを感じているらしい。 
これはひょっとして、ひょっとして「コマ」が出るよ~~~ 

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。