スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トラ トラ トラ」

22/12/8(水)開戦記念日
 

重量1767g 389ページ

目次

軍令部作戦部の参謀達

山本五十六大将

淵田美津雄中佐

源田実中佐

防衛庁時代の源田実空将 自らジェット機を操縦した


私はものごころついた頃から活字中毒少女であった。

熟睡している時以外は常に活字を追っていた。

トイレでも歩いている時でも、布団の中でも。


只これっていう読書傾向は無いんだけど常にそこにある活字を追っていた。

それがパソコンを手に入れてから本が読めなくなった。

でも興味ある本を見つけると以前ほどではないが買わずにはいられない。


最近思うんだ、死ぬまでにこれらの積読を読み終わろうかと、、

 

今「武士の家計簿」を読み終わろうとしている、読み終わるのに時間がかかるけど少しづつね。

そしてこの「ゴードン ウイリアム プランゲ博士」の「トラトラトラ」を開戦記念日を機に再読しようと思う。

 

この本は高校時代の頃から愛読していた「リーダーズ・ダイジェスト社」から1966/10/25(昭和41年 44年前、私が29歳の時)に出版された物を注文して買った。

買った当時ざっと目を通したがあんまり大冊なので記憶に残るほどは読んでいないの。


プランゲ博士が20年程も掛けて元日本海軍士官達に数千回もインタビューして書きあげられた労作だ。源田実空将には70回も淵田美津雄元海軍大佐には60回以上もインタビューしたそうである、当時はまだ真珠湾攻撃の当事者が沢山生存なさっていたのでことごとくインタビューし、日記や貴重な資料なども提供されたようだ。


当時日本人は自信喪失、戦争犯罪者呼ばわりされて語る事を憚られたと思うがアメリカ人には話せたんだと思う。

 

さぁ心に叩き込む覚悟で読みなおしましょう。

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。