スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・淡路大震災の不思議な体験

23/1/18 (火) 晴れ 富士山はっきり見える

 

昭和54年12月修理した証紙が貼ってある

ねじまき式時計

 

16年前の早朝ど~~っんと言う衝撃で目が覚めました。


あっ地震だっ!隣で寝ていた旦那を起こそうと思い見ましたら何事もないように寝ています。これは余震に違いない又次のが来るだろう、起こすのはその時でいいだろうと思い、

そのまま様子を見ることにしていたらいつのまにか二度寝していました。

 

何事もなく目覚めて「今何時かな」と両親の形見の田舎から持って来た柱時計を見ましたら止まっています。時間を知ろうとしてテレビをつけましたら皆さんご存じのように大騒ぎしていました。


何時で止まっていたか記憶していればよかったんですがその時は東京の人も同じ経験をしていたんだろうと思っていました。だけどそれは私と柱時計だけの体験だったのです。


関西で体験した人達が語ったような確かに突き上げるような衝撃を感じましたし、時計も止まっていました、だから私の思い違いではないのです。

 

その後椅子に座っていると何度も地震を感じました、するとテレビで今余震がありましたと報じるのです。確かに感じました。

 

そして私の亡くなった弟の家族が神戸市東灘区大石東町と言う駅近くの住宅密集地に住んでいました。数日その消息が不明でしたので死亡者の報道を必死で見ておりました。


豊田にいる末弟家族と連絡を取り合い不安な日々を過ごしていました。
その後全員無事で避難所にいると連絡がありました。

 

やはり一瞬で家が倒壊して義妹はトイレを出たところで柱があり無事、2階に寝ていた大学生だった次男も無事でしたが下の部屋に寝ていた長女が生き埋めになったそうですが、必死で娘を救い出したそうです。
そして全てが埋まって連絡先側が判らなかったのだそうです。


その時計は両親の形見なので亡き両親が父親のいない長男家族に思いが残っていたのだろうと思いました。

 

弟が43歳の若さで癌で亡くなってから義妹は3人の子供を育てていました。
長男は高卒で自衛隊に入隊、下の二人を大学を出しましたが関西では思うような就職口が無く不安定な契約社員であり、今となっては自衛隊員の長男が頼りでしたが、
義妹は職場が罹災して失業、その後自身の乳がん、頼りの長男が数年後30歳の若さでの脳梗塞(休暇中にダイビングで深海に潜って帰宅後なので公務中ではない)による脳死状態(未だに意識不明)と不幸が次々襲いかかりました。

 

その時計は今も正確な刻を告げています。

 

今夜の日没

 

16:46

 

16:49

17:28

17:28

17:29

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さんごママさん、こんばんは
ほんとに不思議な体験ですね!ご両親が守ってくれたんですね。
阪神淡路大震災のときは、東海地方も突き上げる揺れがあり、飛び起きました。お腹に子どもがいて、ほんとに不安になりました。そのあとサリン事件もあり、こんな世の中に産まれてきて大丈夫なのかとまた不安に。それから5年間大切だった父がガンで亡くなるまでは、実家や病院との行き来に明け暮れて。その娘も今は中学3年生。学校で、政治の話しで盛り上がりhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党批判を皆でしているそうで、将来が楽しみです。

No title

両親が守ってくれた!
あぁそんな風にも考えられますね、思いもしませんでした。
両親の魂が心残りに思っていたと考えていました。

ところで関東では誰も感じていないのです。
皆さん感じていたと思っていましたので、聞いたこともありませんでしたが、だいぶたってから誰も感じていなことが判り私の体験はなんだったのかと思いました。

娘さん頼もしいですね。私は身近な人に言う勇気はありません。
意見が異なりぎくしゃくするのが嫌で、だからブログで知りたい人だけを対象に語っているのです。

サリン事件のあの宗教の名は失念しましたが(後にアレフとか)選挙の時に麻原彰晃のかぶり物をかぶって最寄駅で若者が選挙活動しているのを身近に見ましたし、検挙されて甲州街道を連行されている車列をビルの上から見ました。
狂気でしたね。
プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。