スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冗談じゃない!どこまで中国まみれなんだ

23/4/9 (土) 曇り後小雨

 

日本は終わるね!


昨日8日の産経新聞によればさらなる中国に阿る施策が決定されようとしている。
その動きは中国各紙の報道によれば1月3日に既に前原前外相と溝畑観光庁長官が具体策を講じていたのだ。

 

私はそんな動きは露ほども知らなかったが中国では1月4日に報道されていたのだ。
この件は産経新聞以外でも報じられているのでしょうか。

国民に知らせずにこそこそと中国様に命じられた事を決めようとしているのだ。


民主党の議員はどこの国の国民から付託を受けて仕事しているのだろうか。
よほど弱みを握られているのでしょうね。


マネートラップ!ハニートラップ!et cetera! et cetera! et cetera!!


中国命の民主党議員は残らず祖国中国にお帰り下さい。  
   
政府の「規制改革方針」、中国人へのビザ発給緩和を明記へ 与党内にも「拙速」の声  2011.4.8 01:12


政府が8日に閣議決定する「規制・制度改革の基本方針」の中に中国の個人観光客に対し、有効期間内なら何度でも日本に入国できる数次査証(マルチビザ)を発給する緩和策が盛り込まれていることが7日、分かった。


中国人向けのビザは昨年、発給要件を緩和したばかりで、中国人の不法就労者増加などが懸念されており、与党内からも「拙速だ」との声が上がっている。

 

今回の緩和策は、購買力の高い中国人観光客のリピーターを増やすのが狙い。
観光庁は平成25年までに外国人観光客を1500万人に拡大する目標を掲げており、

特に経済発展を続ける中国人の観光客増加に力を入れている。

 

中国人個人観光客に対する査証の発給について政府は昨年7月、富裕層だけでなく中間所得層にも拡大。発給要件を年収25万元(約310万円)以上から年収6万元(約70万円)以上のクレジットカードのゴールドカード所有者とした。

 

ただ、発給されるのは期限内に一度だけ入国できる一次査証(シングルビザ)のため、

さらなる緩和策について政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)の分科会で議論してきた。

 

個人観光客は、日本での身元保証人の申し出が不要なうえ、団体旅行客と違い日本国内で自由に行動できるため、ビザの有効期限が切れても不法滞在したり、不法就労したりする中国人が後を絶たず問題となっている。

 

緩和について、国民新党幹部は民主党幹部に「功罪を検証してからだ」と要請したが、

8日の閣議決定方針は変わらなかったという。


国民新党幹部は「東日本大震災で、規制緩和の大部分は軒並み先送りになったのに、

問題のあるビザ緩和だけが残るのは不自然だ。

 

震災のドサクサに紛れて押し通そうという思惑が透けている」と不信感を募らせている。

 

日本、中国人観光客に数次ビザ発給へ、中国の各紙報道

 

「人民網日本語版」2011年1月4日

 

日本メディアによると、日本政府は中国人の個人観光客を対象に、有効期間なら繰り返し使える数次ビザを発給する方針を固めた。

 

中国人観光客を呼び込み、一層の外貨獲得を狙う。日本政府筋が3日、明らかにした。

 

すでに前原誠司外相と溝畑宏観光庁長官が具体的な協議に入っており、

今年夏から開始する計画だ。

 

日本政府は中国人観光客を日本観光に呼び込むため、昨年7月から個人ビザの発給要件を緩和したが、現在発給されているビザは1回しか使えない。(編集NA)

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。