スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都民やめずにすんだ!

23/4/11 (月) 晴れ後曇り後小雨

 

なんだ!このビルに登る階段は

登って見下ろす

登ってみると人工地盤の上に右手に本殿、左手のビルに社務所もある

神社必携の手水所もある

神社と階段下

ぐるりと回るともう一か所参道がある

 

 

石原さんが断トツで当選なさってほっとしました。
やっぱり都民は良識を持ち合わせていた。
でもね、そのまんまに160万票入れた都民もいる。
石原さんが出て下さらなかったら悪夢は実現したんだわ。

 

私も娘もそのまんまが知事になったら都民止めようと思っていたんだ。

他にもそう思って居る都民は沢山いたと思うんだ。
世界に出せますか、恥ずかしい!

 

今日は午前に会社に行ってこの度認定結果が出た方の息子さんに連絡して、なるべく早くお逢いして今後の方針を決めたいと思ったが、息子さん大変お忙しい方で来週にならないと予定が立たないそうだ。


ゴミ部屋片付けもやみくもに捨てられないし、両親にはその役目は無理なので私が片付けますと仰る。それからお願いしたいとのこと。

 

基本情報を途中まで入力して、1件訪問してから区役所に寄り認定情報を取り寄せる。
またしても医者の悪字が判読出来ない。役人にこれ読めますかと読んで貰おうと思ったが読めないと言う。


よくこんな情報で認定結果を出しますねと諌める。
「こんな悪字は医者に問い合わせてからパソコンで入力し直すべきでしょう」と
『はい、認定がかりにそう申します』との回答
ところでこの医者は私の主治医なので私から聞いたらどうなるかな。

 

雨降る予想だったので直帰する。
途中普段通らない道を通ったら面白いものを見つけたわ。不思議な神社。

「北谷稲荷神社」急な階段がビルに向かってある、物好きですし時間のゆとりもありましたので登ってみましたよ。
そこは人口地盤の上にあるモダン建築の神社でした。


私は八百万の神々に祈る事にしていますからね、お賽銭上げて又も懇ろに日本の将来をお願いしましたよ。
「日本をかっての誇りある国にして下さい、売国者達を成敗して下さい」


私の願いは必ず天に通ずる!

 

 


 北谷稲荷神社の由来」

正確な創建年は不明である。ただし1660年(万治3年)に大破して再建した際の棟札や、武蔵国の地誌「新編武蔵風土記稿(1810年起稿 - 1830年完成)」に「文明年間(1469年 – 1486年)駿河より移りし時其の邸内の艮(ごん、八卦の方角で東北)の方に勧請(かんじょう、祭神の分霊)せり」などの記述があることから、早ければ1469年(文明元年)頃には現在の場所に創建されていたと推定される。

 

1997年、菊竹清訓建築設計事務所によるデザインで竣工し、現在のモダンな外観となった。

 

祭神」

宇迦之霊大神(うかのみたまのおおかみ)⇒稲荷神の宇迦之御魂神。
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)⇒大国主の別称。
大宮比賣大神(おおみやひめのおおかみ)⇒比売神。
神功皇后(じんぐうこうごう)⇒仲哀天皇の皇后。
大田大神(おおたのかみ)⇒芸能の長寿の神。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。