スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音で生きるのは厳しいのだ

23/4/14 (木) 晴れ

 

北谷稲荷神社参道の枝垂れ桜 今日も寄ってみました


午前、鍼・マッサージ治療を受けて1時に約束していたお宅訪問。

 

会社に行き5月分の利用表を作成する、すぐにプリントしようかと思ったが、

私は粗忽で何かしら瑕疵があるので一呼吸置いてからにしようと保留にした。

以前、前月分をプリントして会社には内証だけど数十枚のヤレ(印刷業界用語)を出した事がある。


ショートステイの担当者に話があったが会議でなかなか出られないので区役所に寄るついでに訪問した。区変をした方の担当者会議の件。

 

ところで区役所の窓口で手続きしている時に電話があった。

ボーイッシュカット事件の旦那様から。きた~~


『今、いいですか』
「今区役所の窓口で手続き中なので、ちょっとだけでしたら」
『今、デイから妻が帰宅しましたが、いつも連絡帳に報告が書いてあるのに今日は何も書いてないが、これはどう言う事ですか』
「さぁ、私には事情が判りませんが、近いうちに訪問しようと思っていました、いつがいいですか、明日の午後は如何ですか」
『明日の午後は用があります、午前なら』
「午前は、行けません」
『じゃあ、今から来れますか』もう夕方の5時ですけど!
「今区役所で帰宅途中なのでこれからは行けません、月曜日の午後1時はどうですか」
『じゃぁ月曜日1時に、、』

 

お互いつとめて(少なくとも私は)抑えた会話だった。
どうせならデイの責任者同道で訪問した方がよいと判断したのでデイに電話したら責任者は休みだった。出た人にかいつまんで話したが、どうしてお互い善意で良かれと思ってやった事がこう大仰になるのだろうか。

 

こんな時、当事者でもない責任者が謝る事例が多いがこれは日本だけの慣例だろうか。
心にもない言葉で謝罪させて溜飲を下げる人々。

 

私が大人(になりきれない)だったら建前で謝るのが上手な生き方だろうけど、

私は本音でず~っとやって来た。
若い時は摩擦が多くて息苦しかったがここまで来ると清々した心境だ。

 

上手な生き方はこんな時、
「この度はとんでもない事を仕出かしまして誠に申し訳ございませんでした、当事者も反省しておりますので今回だけはどうかお許し下さい、本当に申し訳ございませんでした」と言えば溜飲を下げてくれるのかな。

 

しかし私はこう思って居るから心から謝罪の言葉が述べられない。
「そんな事を仰いますが、そんなに拘りがあるんでしたら、やる前にそう仰るべきでしたよね、おまかせしたんだから貴方にも責任があるんじゃないですか、過ぎた事を言ってもお互い気分が悪くなるだけです、髪の毛なんて数カ月もすれば伸びますよ、これを教訓にしてこれからはちゃんと口に出して注文したらどうですか、云々かんぬん」

 

これじゃ駄目か!!ふっ

 

 

 

 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎回楽しく読ませていただいています。(すみません、つい笑っています)

どこかの出版社で、エッセイとして出版するとよいと思いました。
「○○才 ケアマネージャーの孤軍奮闘記(仮題)」

しかし、欧米ではどうなってるんでしょう。東南アジアは一族で共同体をつくっていますから、まずしくても、年よりは生きていける。

日本国は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25BB%258B%25E8%25AD%25B7%25E4%25BF%259D%25E9%2599%25BA/" class="keyword">介護保険にたよらないと生きて活けません。ありがたいという感謝の心をなくしてしまったのでしょうか。

ちょうど、いま介護を必要とする老人は、戦争でまともな教育をうていない、それと高度成長期のお金の部分はいいとこ取りしています。いまの若い世代はかわいそうです。毎年給料があがるという、実感はもってません。

「クレーマー対策をきちんとやる仕組み」(第三者の専門家)が必要だと思います。老人の再教育です。介護する人たちの生活状態もきちんと教えてやる必要もあると思います。

No title

the-prayer さん
毎回コメント頂きありがとうございます。
励みになります。
ところで出版しろと言うご意見が貴方を含めて約3名いらっしゃいますが
現役を続けるにはそれは無理でございます。

今でさえハラハラしながら書いています。
狭い区内の業界で私の存在が知れ渡ったら本音の日記は書けません。
引退後だったらね、でもその頃は鮮度が落ちていますね。

老人の我がままなんですが私も不思議に思うことはどうして
人様のお金で支援してもらっていながら我がまま言い放題になるのかです。

自分の稼ぎで残したお金で我がまま言うのは許せます。
どうぞそのために頑張って残したんだよねって。
自費で気にいるまでお手伝いを取り換えなさいとね。
そんなお手伝いさんがいればね。

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。