スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴女ならどうします

23/5/5 (木) 子供の日

 

 

 

ホウレン草、葉は茹でて、茎はベーコンと炒めましたが硬いのなんのって

 

娘が婿さんの実家から家庭菜園の野菜を頂いて来ました。
大きく育ったホウレン草と名前の判らない野菜。
昨夜その野菜で味噌汁をつくりました。


私は出汁は煮干しで作ります。
「ほんだし」なんてもんで手抜きはしませんよ。

煮ていたら何やら異物が見えました。
取り出したらなんと「てんとう虫」さんでした。
ぎょえっ!


どうしよう!捨てるか!でも勿体ない!
えいままよ!このまま食べるか!毒ではないか!と
散々迷いました、どうしたと思いますか。
恐るべし!戦前生まれ!食べましたよ。

 


そよ風定期講演&交流会 私たちの古典・『竹取物語』


そよ風定期講演&交流会 
 
和気藹々とした雰囲気で美味しいお菓子とお茶など飲みながら、
堅苦しくなく古典について勉強したり、語り合ったりしませんか。
今まで古典に興味のなかった人、初心者大歓迎。
一応申し込み制ですが当日参加自由です。

 

第3回  かぐや姫と竹取の翁

 

講師名: 山本悠里
 
日 時: 5月7日 1時から
 
場 所: 豊島区東部区民センター(東京都豊島区北大塚1-15-10)
      JR山手線、都電大塚駅下車徒歩4分
      
http://navitokyo.com/03-3915-2334/

 

資料代: 1,000円

 

連絡先: 090-8776-5838 東風 梅子
     
kochi.umeko@gmail.com
 
☆ ☆ ☆
 
私たちの古典・・・『竹取物語』
 
『古事記』に次いで日本人のコトバで語った物語が『竹取物語』なのです。
千年以上も語り継がれ古典となったこの物語は、一見御伽噺のようでなかなかあなどれません。
貴族・高官への滑稽な風刺、親子の「あはれ」美しく永遠なるものへの憧れ、卑小な
人間存在への認識などなど、夜な夜な形を変える月の妖しさに思いを馳せ、 祖先の時代を甦らせてみませんか。
 
参加者に「さんごママ」が今、巷で評判の(ふっ)「蓬あんパン」を当日作って

行きますよ。

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>どうしよう!捨てるか!でも勿体ない!
えいままよ!このまま食べるか!毒ではないか!と
散々迷いました、どうしたと思いますか。
恐るべし!戦前生まれ!食べましたよ。

てんとう虫さんかわいそう。せいぜいアブラムシ(蟻まき)しか食っていないから,少し甘かったのでは?

No title

数人の方に誤解があるようなので訂正します。
てんとう虫さんを食べたわけではありません。
見つけたのですぐ取り出しました。

てんとう虫の煮出し汁で味噌汁を仕上げて食べたんです。

娘の話では畑に沢山いたそうです。
そして義母さんは指でつぶしたそうです。
その方が娘にとっては驚きだったそうです。
プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。