スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってみたいなよその島!宮古島

23/8/27 (土) 曇り

 

 

 

私は南!島!と言う字に反応する。
多分祖先が黒潮に乗って南からやって来た記憶が呼び覚まされるのだろう。

 

50代の始めの頃、それ以前(40代半ば頃)から旦那の背信に打ちのめされていたが、

もう我慢も限界という事態になった時、
南の小島で来し方、行く方を見つめ直そうと思い、娘に「100万使い切ったら帰って来るわ」と言って南に飛んだ。

【丁度その頃平成3年頃バブルが崩壊する直前頃であったが倒産して瀕死状態の我が家にあぶく銭が舞い込んで来たのだ】

 

目指すは「由布島」当時は学会に入っていたので聖教新聞で「由布島」が学会員一家で

運営している事を知っていたからその方にあってみようと思ったのだ。

 

由布島がどこにあるかも知らなかったがとりあえず沖縄経由で石垣島に辿りついた。
八重山諸島をホッピングしようとも思っていた。

石垣島の離島桟橋近くのホテルに落ち着き集めたパンフレット類を読み漁り、

由布島は西表島に付属する島である事が判った。

しかし島から島へと渡り歩く事は出来ない事が判明した、どこの島に行くにも船を

チャーターしない限りは一旦石垣に戻り、離島桟橋から行かなければならない。


まず竹富島に2泊したが、二日間共雨であった。
宿の御主人から八重山事情など聞いたりしていたが埒が明かないので一旦石垣に戻り、

さて次はどこへ!

 

黒島が気になった。

何もない島だと言う。牛が2000頭(当時)もいて人口はその十分の一の200人。
よし黒島に行こう。誰も居ない浜でこれからの人生を熟考しよう!

 

船会社で宿を紹介して貰った。
『4軒ほどありますが、どこがいいですか」
「一番繁華な所にして下さい」
おねぇさん笑いながら島の真ん中にある「みやよし荘」(現在民宿のどか)を紹介してくれた。
笑う筈、繁華な所など無い島なんだから、でも当時島には少し高級そうな(島では)

リゾート風のホテルと普通の民宿とダイビングを売りにしている民宿しかなかったのだ。

 

だから桟橋に降りたつ客を見るとどの宿に泊まる客かすぐ判断できた。
新婚さん風お金持ち風はリゾートホテル、ダイビングやりそうな風情はダイビング、

その他はその私の宿泊した民宿なのだ。

 

この宿でよかった。そこでいろいろ面白い人物に出会い(宿の主人も含めて)

その後もお付き合いする事になったし、その後リピーターとなり何度か行った。

最近ご無沙汰しているけど私の中では私の心の島なのだ。


当時の事を書きだすときりが無いのでこれ位にして。

その後娘とも何度か行ったが八重山諸島を制覇しようと思っていたのだ。


行った島は
①黒島(多数)
②竹富島(二泊)
③石垣島(数回、クラブメットカビラ二泊)
④西表島
⑤与那国島(二泊)
⑥新城島(パナリ島)
⑦由布島
⑧小浜島(一泊)

 

その後カオハガン島にも行くようになり中断してしまった。
いまだ波照間島と大東島(南北)には行きたいと念じてはいる。

 

さて今回宮古島に行かないかと誘われた。
勿論行ったことのない島だからぜひにと思ったが今回ばかりは私も年だ!

この暑い時期に暑い地域に行く事は命が掛かっているとオーバーに思案したわ。

でも行きたい好奇心が勝って行きました。何かあるかも知れないと覚悟して、

だが台風の後だったので東京より過ごしやすくて元気で楽しんで来たわ。

 

続く(前置きながい)

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。