スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子密着

23/9/9 (金) 晴れ


今日は新規の方が我がデイに食事体験にいらっしゃるので立ち会った。

この方は8月から新規で取り掛かっているんだけど、もうその息子の馬鹿さ加減に呆れた。


3年前に取り掛かり実らなかった方で忘れていたら包括支援センターから以前の縁でお願いされた。

独身の息子さん(かなり高齢)と同居しているが母親の認知が進み夜昼逆転して私が倒れそうだとの訴えであった。

 

近所に姉夫婦が居て何くれとなく世話を焼いてくれるんだけど、この姉弟は互いに牽制しあっているの。
姉に言わせると『弟はここが(頭を指して)おかしいのでまかせておけないけど、ハラハラして口を出すと切れるので出せないし、困っている』と言う。

 

とにかく息子さんが『私が病気になりそうだ、ショートステイやデイを利用したい』とのことで規模の大きいデイに紹介した。

所がデイに毎回行きも帰りも同行して離れないらしい。

デイの所長言うに言われずで困っている様子だった。

ショートの方は亡き父親が長らく区議だったそうで親しい現職議員に頼んでサービスエリア外のショートに2週間入れたがここにも日参していたようだ。

 

さてこの息子さんから6日(火)に電話があった。
『あそこのデイは遠くて迎えに行くのに不便だから、近くの○○のデイにしたいので直接話に行ったらケアマネを通してくれと言われた、そのデイに行かせたいので手続きして下さい』と

 

「あの~デイは送迎付きですから迎えには行かなくても良いんですよ」と宥めて、

翌日7日に訪問したら

『滞在時間が長すぎるから短くしてくれ』
「じゃぁ何時頃が」

『2時頃迎えに行きたい』と言う。


おまけに母親は

『あそこの食事は不味くて食べられないから行きたくない』とのたまう。
「美味しい食事がしたいんだったら我が社のデイが美味しいからそちらにしますか」と言うわけで今日の体験となった。

 

美味しい美味しいと言って下さり、明日も来たいと仰る。

どうも食堂に食事に来たような感覚らしい。
しかしその食事風景を会間見るにこの親子異常だ。

 

とにかくこの癒着を剥がさない限りはどこに行ってもうまくいかないだろうな。
臓器に癒着している癌細胞を剥がす手術をテレビでみたがその困難さが思い浮かんだ。


犬に例えれば!ペットショップや獣医さんが、飼い主が傍に居たらやりづらいし、

犬も言う事を聞かないので処置がしづらいと言うでしょう。
そんな例えがぴったりの親子であった。


『私が病気になって倒れそうだ』と訴えたのは誰だ!

 

今日のランチ、本格手作りコロッケ

調理の資格を持っている男性ヘルパーさんの料理


じゃが芋を茹でるところからやったそうで、久しぶりに本格家庭コロッケを頂きました。
おお忙しの所に私が行きましたので盛り付けを手伝いましたが、間に合わないかと思っていましたので助かりましたと感謝されました。
大変なのでもう2度とやらないそうです。

22人前でした。

 

大変美味しゅうございました。

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。