スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島も対馬も1300年前から日本の国土

24/1/17 (火) 晴れ 暖かい

 

14日に勉強した古事記の国生みについて「そよ風」ブログで
とてもよく纏められていますのでコピペさせて頂きます。

 

「そよ風」ブログ

http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51725047.html 

 

実は私、今日は体調不良でブログを構想する気分じゃありません。
どんな不調かと言いますと、お腹が張って気持ちが悪いです。

食べ過ぎです。何でもかんでも口に放り込む賤しい根性のせいです。
反省はしますが再犯します。懲りない女です。

 


 

朝鮮人がどんなに竹島や対馬が自分達の物だと泣き叫んでも日本には動かしがたい証拠があります。れっきとした712年(今から1300年前)の文書が残っています。

それが古事記です。

 

イザナギとイザナミの二神が、天の浮橋にたって「天のぬぼこ」を差し入れ、

大八洲(日本)の国土造成をされたと、書物に認められているのです。

 

大八洲とはすなわち、

淡路島、四国、九州、壱岐、対馬、隠岐、佐渡、本州の八つの陸地を指します。

 

つまり、朝鮮人がなんと主張しようとも対馬も隠岐も日本の基礎的国土であったという

1300年前の文書があるということです。

 

竹島の住所(島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地)

 

朝鮮人が、アホらしい主張をした時は、サラリと言ってやりましょう、

日本の古事記以上に古い文献を出しなさいね、と。

 

しかも、当時から、日本は対馬や筑紫の地が近隣諸国から狙われていると認識して三年交代で防衛軍を駐留させていました。うーん、ここは残念ながら、今の日本人の体たらくを反省しなくちゃならないとこですけどね。

 

万葉集には防人の歌が84首も残されています。

日本人がいかに、昔から、近隣諸国の侵略に悩まされてきたか分かりますね。

 

あ、そうそう、ついでに「日本人は1300年も前に兵隊が文字の読み書きが出来て、歌まで詠めたけど、日本が併合するまで朝鮮人は文盲率が90%だったですよね」と最後の一撃を付け加えても良いですね。

 

防人の歌

 

3516:対馬の嶺は下雲あらなう可牟の嶺に たなびく雲を見つつ思はも

 

4373:今日よりはかえりみなくて大君の 醜の御楯と出で立つ我は

 

4374:天地の神を祈りてさつ矢貫き 筑紫の島をさしてゆく我は

 

4423:足柄の御坂に立して袖振らば 家なる妹はさやに見もかも

 

4425:防人に行くは誰が背と問う人を 見るが羨しき物思いもせず


以上、そよ風百人一首講座から

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。