スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京虐殺は無かった

24/3/7 (水) 晴れ

 

立ち見の方も大勢いました

国家斉唱

 

昨夜は文京シビックホールに400人以上の愛国者が参集して熱気溢れる集会が

開催された。

 

詳しい事は
「そよ風」

「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」
さんのブログに書かれておりますのでこちらを参照して下さい。

私は写真と断片を書いてみます。

 

皆さんそれぞれ研究なさっていらっしゃる方々ばかりですが一致して虐殺は無かったと

断言しておられました。

 

今現在もチベット人やウイグル人を虐殺している支那人には言われたくないし、
彼等は自分達が虐殺している(文化大革命で一千万から二千万も虐殺したと言われている)事を隠蔽する為に反日教育をしている。


石平氏が言っていました「自分は小学中学時代にそんな事は聞いた事が無い、80年代に変な日本人が来て吹き込んでから85年頃から言い始めた」
指導者はウソと知っているが日本を叩く為に言い続けている、支那との交流はやらない方が名古屋市民も日本人も幸せである。

 

阿羅氏の知り合いの中日新聞記者の南氏が南京攻略後派遣されて行ったが虐殺は無かったと言っていた、その事実を書くと言っていたが周りの反対で書かずに亡くなった。

 

潮氏曰く、我々の敵は支那では無くて日本人である、知識人と言われている連中が多少はあったかも知れないなんて言っているが、
もし虐殺があったならば国際法で裁かれるし時効も無いのだ。

日本の対応は自殺外交である、絶対に一歩も引いてはならない、一人一人が持ち場で戦う事だ。

 

石原知事も同感だと言っているのに東京都や石原氏に文句を言わないのは愛知県名古屋市を馬鹿にしている事であり、なめられているのだ。
我々は河村市長に感謝しなければならない、日中友好の悪夢から覚めなければならない。

 

大高氏は支那はパクリの国だ、南京虐殺記念館もどこかで見たなと気になっていたがそれはイスラエルのホロコースト記念館をそっくり真似ているものだ。

 

稲田氏曰く

総理大臣が一言虐殺は無かったと言えば終わる問題だ。

 

そうなんですよね、支那人は言ったもん勝ち精神でごり押ししているんだから尖閣も日本の領土だと時の総理大臣が言えば済む事をなぜ言わないのだろうか。

 

河村市長は今四面楚歌の状態にあるらしい。
大村愛知県知事始め財界、マスコミ(特に中日新聞が酷い)が揃って「談話を撤回し、中国に謝れ」とすさまじい抗議をしているそうです。


大村知事の画像を見ましたが全く品性のかけらもない面をしていますね、良くこんな人物を愛知県人は選びましたね。知事と仰いで恥ずかしくないですか。

 

支那人が来なくて名古屋の経済が困窮するなら日本人が大勢で行ってやりましょうよ。


「そうだ!名古屋に行って海老フリャ~を食べよう」
味噌カツはどうも!!

 

河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動に賛同する方は是非署名お願いします。

「南京の真実国民運動」公式ブログサイトからダウンロード出来るそうです。

 

渡部昇一先生を頭にして国民運動を始めるそうです。

 

談話はあちこち飛んでいます。悪しからず。

 

ウサミイク氏(名古屋市議会議員)河村市長のメッセージ代読

阿羅健一氏近現代史研究家)
「中国の抗日記念館の不当な写真の撤去を求める国民の会」会長

稲田朋美氏(弁護士、自民党所属の衆議院議員)(2期)

岡野俊昭氏「作る会副会長」

加瀬英明氏(外交評論家)

吉田康一郎氏(地方議員)

古賀俊昭氏(都議会議員)

溝口郁夫氏

三輪和雄氏 檀上で写すの忘れた

山際澄夫氏(ジャーナリスト、元産経新聞ニューヨーク支局長、2002年退社)

この方とは花うさぎさんの告別式の後ファミレスで

前の席に座りいろいろご指導頂きました。

その事も書きたかったんだけどな。

山田宏氏

山本久樹氏(名古屋市議会議員

水島聡氏(チャンネル桜社長)

杉原誠四朗氏(作る会会長)

清原弘行氏(作る会事務局)決議文読み上げ

西村幸祐氏 「中日新聞は全く酷い」

(作家、評論家、戦略情報研究所客員研究員)

石平氏「学生の頃南京虐殺さんて聞いたことも無い」

評論家、拓殖大学客員教授、2007年(平成19年)末に日本に帰化。

主に日中の政治・経済・外交問題について論じている)

大高未貴氏 (フリージャーナリスト) 

「日本人はふんどししめなおして反撃しなければならない」

潮匡人氏 

評論家、軍事ジャーナリスト、元航空自衛官、

帝京大学短期大学人間文化学科准教授)

塚本三郎氏(元民社党委員長、元衆議院議員(通算10期)

呼ばれてないけど我慢ならず飛び入りした

藤沢忠将氏(名古屋市議会議員

富岡幸一郎氏 

(文芸評論家、関東学院大学文学部比較文化学科教授) 

福地惇氏 

(歴史学者、専門は日本近代政治史、特に明治時代政治史、

高知大学名誉教授、新しい歴史教科書をつくる会副会長)

茂木弘道氏 (評論家、実業家)

 

順不同

皆様5分と言う時間内でオーバーしながらお話下さいました。

話したいことは一杯だと思います。

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。