スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

24/4/9 (月) 晴れ

 

はい、買いましたよ「歴史通」

保守の勉強にはもってこいの雑誌ですね。

 

今私はどきどきして居ます。

なぜなら4月14日の「そよ風シンポジューム」で冒頭の挨拶をする様に命じられたのです。

 

元々この企画は私の思いつきでして私は思いついただけで全ての段取りはそよ風会長と

村田春樹さんがやって下さいました。

 

だから挨拶しなさいと言われれば「はいします」と素直に申し上げるしかないわけです。

それで昨夜原稿を捻り出してみました。

昨夜のうちに会長と村田さんに送付しておきましたら今朝いいんじゃないとご了承を頂きました。

 

そして覚悟を決めるときの私のやり方じゃじゃ~んとラッパを吹きます。

実はこのほかに昨深夜思いつきましてこれをパワーポイントにしてみました。

全部で9枚になりますが、これは却下されました。

残念~~

 


皆さんこんにちは
私はそよ風のさんごママと申します。


今日はこんなに大勢ご来場頂きまして主催者として大変感激しております。
ありがとうございます。

 

そよ風シンポジューム「ネッシー・ツチノコ・性奴隷?何ぼ探してもいなかった」
これを企画致しましたのは中国韓国始め左翼反日軍によるねつ造の歴史を子孫に

このまま残してもいいのだろうかと言う焦燥の思いからでした。

 

日本は戦後ずっと深い闇に包まれていると思います。
それは中国韓国にとって都合の悪い真実を証言するのが怖いと言う恐怖心が、

日本人の心に植え付けられていると思うのです。

体験した本当の事を公の場で証言したら、家族まで巻き込んで仕事や生活上で危害を加えられるのでは無いかと言う、

恐怖心を持たされているのです。

 

3月7日に開催された名古屋市長の河村発言を支持する集会で近現代史研究家の阿羅健一氏がお話下さいました。

阿羅氏が以前お知り合いだった中日新聞記者の南氏が従軍記者として、南京攻略後に現地に入られたそうですが、虐殺なんて見た事も聞いた事も無いとおっしゃっていたそうです。

そしてその真実を書くとおっしゃっていたのに書かずに10年前に亡くなられたそうです。
なぜ書かなかったか、それは周りの人たちから危険だからやめてくれと懇願されたからだそうです。

 新聞記者でも恐れるこの日本の闇の正体はいったい何なんでしょうか。

 

この度も三人の方に証言をお願いしていたのですが、お一人は生活上で支障があると

ことで辞退なさいました。


皆さん日本人は何を恐れて本当の事が言えないのでしょうか、
そんな事をして居る間に、時は過ぎもう今では遅すぎたかもしれません。
証言出来る方々は大部分あの世に行かれて残り少ない方々も証言するには無理な年齢に

なられています。


急がなくてはなりません。

これからもねつ造の歴史を正すために、証言者を捜し出し、公の場で証言して頂く機会を設けたいと思います。

今日勇気を出して出演して下さる方達はこのような場面にはなれていません、

皆さんどうか暖かい応援をお願いします。


最後にもう一度ありがとうを申し上げます。
ありがとうございます。

 


声に出して練習しないと旨く口がまめらないんだけどその機会が無い。

 

今年は桜見にもいけそうにない。

 


【そよ風シンポジウム】
何ぼ探してもいなかった「ネッシー・ツチノコ・性奴隷?」
 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。