スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧朝倉家住宅

24/5/4 (金)みどりの日 晴れ後曇り後雨後晴れ 夕方富士山見える

 

 

正門、旧山手通りを少し入ったところ

正面玄関

ここのいいところはあの忌まわしい支那語、朝鮮語に浸食されて居ない事、

そうだ区長に手紙書こう。

万一朝鮮人がハングル表記をしろとごり押ししてきても受け付けないで下さいと

お願いしよう。心ある皆様もどうかお願いして下さい。

 

旧山手通りに日の丸掲げたパン屋さんがあった。

今度買いに行こう。

 

今日は午後から出社、たった4件の為にね。
1時間ほどで全て終わったのでかねてから行きたいと思っていた代官山(駅)の

旧朝倉家住宅を見物しようと自転車で出かけた。
西の空に暗雲が垂れ込めていたが今更どうすることも出来ない。

ままよ!

 

旧山手通りの代官山交番の斜め前にある、ヒルサイドテラスと地続きだ。
無理もない元々同じ地主の土地だったんだから。
渋谷区の管理下にあり、入場料は100円であるが60歳以上は只なのね。


丁度2時からガイドが案内説明するとのことでラッキーであった。
質問攻めにしましたよ。
でも優しい男性で好感度100%でございました。
土日祭の2時から職員が案内してくれるそうなので、やはり案内して頂く方がより興趣が

わくでしょう。


大正8年の建築で関東大震災にもびくともしなかったし、戦災にも合わなかった幸運の

建築物ですね。
ここは目黒川の崖線の端にあり地盤が強固で良い材料で良い大工が施工したお陰でしょうとのこと、
そして戦災は此の屋敷の周りは一面被災したそうです。

そして戦後相続が発生したおりに国に買い上げて貰っていたことが幸いして、

今日こうして無事に保存された要因だろうと思います。

渋谷区が管理する様になって4年前から公開されて居るそうだ。


私は古い日本家屋が好きだからもう感激しっぱなしだった。
特に昔の手作りのガラスに感激するんですよ。
それらが1枚も欠けずに残っているし、全てが本当にきれいな状態で保存されて居るので住んでいた家族も子供もいただろうに悪戯もしなかったんですね。

此の不均質なガラスは昔の住宅の証だけどだんだん取り壊されているがせめてガラスだけでも保存して活用して貰いたいな。
私が金持ちだったら
そんなガラスを使って普請したいもんだ。


昔の古賀政男邸や青梅市の吉川英治記念館や大連の大和ホテルのガラスも懐かしい

そんなガラスだったな。
大和ホテルは確か大正3年建築だったがガラスは健在だった。
古賀邸のガラスはどうしたのだろう。

 

途中から本格的な雨になり、傘を貸して頂きましたので庭もじっくり散策致しました。
写真を沢山撮りましたが、取捨選択に迷っていますので明日写真だけ掲載します。

帰りは傘を差しては自転車漕げないので難儀しました。

代官山は雨にもかかわらず人出が多く少し離れた喫茶店で休息雨宿りをしました。

傘をお借りしましたのでまた近いうちに行こうと思います。


皆様も是非いらっして下さい。

とてもいいところですよ。
紅葉の季節もいいそうです。


吉川英治が昭和19年3月、家族と共に東京赤坂から疎開し、昭和28年8月まで生活していたところです。
英治はこの家屋敷を"草思堂"と名づけました。
元養蚕農家野村氏の住まいだったもので、幕末に建てられ、 百数十年の風雪を経た建物です。

 

ご参考までに

 

重要文化財 旧朝倉家住宅
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/asakura.html

 

代官山の大旦那『旧朝倉家住宅』は嫉妬するほど広い
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20090613/1244938265

 

ゆんちの朝刊フジ ぶらぶら街歩き!代官山編
http://imaizumim.iza.ne.jp/blog/entry/2641224/

 

 

みずほ銀行 東京都庁出張所(店番号777)
口座名「東京都尖閣諸島寄附金」
普通預金 口座番号 1053860

 
この寄附金は、尖閣諸島の購入・活用のためにあてさせていただきます。

 

今日のランチ、

雨宿りした喫茶店で、私的には美味しくなかった。

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。