スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終章を語る女が二人

24/7/21 (土) 小雨後曇り 冷涼

 

 

 

今日はなんとなく暗い。
今週は長く感じられて昨日はあぁ!
やっと週末だわとほっとしたが、

気がゆるんで寝転んで録画のドラマを見ていたらすっかり寝入ってしまった。

朝早い旦那が起きてきて『何やってんだ』と冷たいお言葉。
慌てて歯を磨き化粧を落として正式に寝たが、なんだかな~

 

もし仕事やめたら毎晩こんな生活をするのだろうなと考えると先が思いやられる。
私の一番悪い生活態度、夜更かしは老人になっても改まらない。
12時前に寝る習慣がつけば仕事やめても何とかやっていけそうだけどね。

 

家に燻っていても仕方ないので小雨だったのでバスで娘宅に行き、

息子宅にはそこから歩いて行く。
途中郵便局に寄り「ジャムハウス」に寄りしばしママとお喋りする。


しかしママも開口一番『もうパン屋もいつ止めようかとそんな事ばかり考えて居るのよ』と仰る。


『パン作りではぜんぜん儲からないし、パン作りも気苦労が多いし売れ残ることが多くてやる気が失せるのよ』
「そうね自家用のパンを作るのは気楽だけど売り物を自然環境で作るのは厳しいよね、

私も最近旨く行かないし」
なんだかんだと暗い話が延々と続くのだ。

 

ママ『でも我々は頑張っている方よね、此の年で働いている人なんか居ないわよ』
「うん、でも何をやっても疲れるよね、止めたら多分がたがたと崩れそうだしね」

 

「先が暗いのは我々が年取ったせいかしら、こんな心境が若い人達にもあったら日本は

先がないよね、今の若者は先に明かりが見えるのかしらね」


生活保護の話や夢も希望もなくなる話ばかり。
こんな現状じゃ将来は「総生保者」ばかりの日本になりますね。
まったくもって我々70越えの女の会話は暗いのだ。

 

新聞見れば日本が沈む記事ばかり。

我々の若い頃は登る竜の勢いがありました。
一からやり直さなきゃ多分日本は沈没するでしょうね。

若者よ、こんな日本だけど後を頼みますよ。

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。