スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんご決断の時

24/8/1 (水)晴れ

 

手術して元気になろうねと言い聞かせる

私が一番気にしていたお尻のところにぶら下がっていた袋、

ホルモンに関係しているらしくてシーズンが来ると大きくなるが

この度は一段と大きくなり、

これがさんごの健康を害しているのではないかと思っていた。

主治医ともう一軒の獣医院にも診断を仰いだが取ることに積極的では無かった、

私は結紮すれば簡単だと思うのだがやって呉れなかった。

あちこち放尿するので洗濯に追われる

待合室で

 

さんご一段と弱っている今朝は始めて散歩に行かなかった。
あちこちにしっこしているが昨夜は嘔吐していた。

嘔吐する様になると危険だと言われていた。
どんな好物を口まで持って行っても食べない。


娘が来て獣医に電話した。

このまま食べないと1週間持たないだろう。
手術するなら今日決断しないと時期を逸すると言う。
三人で協議した。

同じ死ぬんならやるだけやろうと。

 

病院からの迎えの車で行った。
此の獣医は自分の病院では手術しない、設備の整った同業者の病院で共同ですると言う。
ちょっと頼りないと常々思っていたが相性がよくて15年のおつきあいなので天命に任せることにした。

 

言い分はさんごの年齢を考えて出来るだけ短時間でやりたいので3人の獣医でやるそうだ。
1時30分までにその医院に運ぶと言っていたのでもう終わっている頃だけどまだ知らせが無い。

 

娘も夜の便でシンガポールに飛ぶ予定だけどキャンセルの連絡入れると言っていたが

なにも仕事休むことは無いと止めた。

私は会社を休んで待機して居る。

 

 

なら!れば!を言っても詮ない事だけど、

多飲多尿で4月に受診してエコーやレントゲンで検査しているのに

その時は異常ないので様子を見ようと言われた・・・・

んだよね!

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。