スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱小出版社突く中国 南京取り立て裁判の怪

24/10/27 (土)曇り


 

弱小出版社突く中国 南京取り立て裁判の怪
配信元: 2012/10/23 14:59更新


この記事に関連するフォト・情報記事本文 【from Editor】

 

11月9日に東京地裁で奇妙な裁判が始まる。

ある老中国人女性が日本の出版社と日本人著者を訴えているのである。

 

この女性は1937年のいわゆる南京事件の被害者だとして、これまで、さまざまな証言をしているが、その内容に矛盾があるとして、日本人研究者が疑問を呈した著書を日本で刊行した。

 

ところが中国人女性は、言論で反論したり、事実関係で争うことをせず、
「精神的苦痛を受けた」として著者と展転社という日本の出版社をなんと南京の人民法院に訴えたのである。


南京の法院は日本人著者に召喚状を送ってきたが、召喚に応じる義務はなく、出廷しなかった。南京の法院が訴えを認めないはずはなく、即日、両者に日本円で500万円を超える賠償を命じる判決が下った。

 

日本と中国は裁判の「相互保証」の取り決めがないため、判決を日本で執行することはできない。


ところが、この中国人女性は、こともあろうに東京地裁に強制執行を求める訴訟を起こしたのである。いってみれば南京で下った損害賠償金を、取り立てられるように日本の裁判所に訴えてきたのである。


その裁判が始まるのだ。

南京事件の被害者と名乗る他の女性も、同じ展転社の書物や著者を訴えているが、

それは東京でのことだ。

もし、今回の裁判で中国人女性の訴えが認められると、南京の法院で一方的に下された判決が、日本でも有効とされ執行されるという、とんでもないことになってしまう。

 

こういっては何だが、展転社は社員数人の弱小出版社である。

しかし、これまで南京事件を疑問視する多くの出版物を刊行してきた。
歴史の真実を伝えることを使命としているからだろう。


弱小だから資金はない。
中国側がそこを突いてきているのは明らかだ。
その証拠に他の出版社に対しては訴訟を起こしていない。
弱いところから攻めようというのだろう。

もし、とんでも判決が出れば、言論の自由は消し飛び、出版社の命運は尽きる。
中国で一方的に下された判決が日本で執行されるなどということが許されていい

はずがない。

 

そこで有識者が立ち上がって「南京裁判 展転社を支援する会」が発足した。
会長は評論家の阿羅健一氏である。


同会は裁判費用をふくむカンパを募っている。
郵便振替口座は「00170-1-679142 展転社を支援する会」

 

(編集委員 大野敏明)

 

「南京虐殺」への大疑問

現在係争中の話題の書!
大虐殺派が拠り所とする外国の資料を読めば読むほど疑問は深くなる。
北京政府は「略奪・強姦・暴行」の真相を余すところなく明かした本書を無視できず、

今や国際問題に!

 

松村 俊夫 著(南京問題研究家)

四六並製  408
本体:1900
円 (税別)

平成10 年12 月13 日発行
 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。