スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誘い

25/1/6 (日)晴れ 後どんより晴れ 富士山見える
 

村田さんからのお誘いです。
沖縄対策本部を運営なさっている仲村覚さんが毎月1回沖縄問題の学習会を開催なさっているそうです。
なかなかビジュアルで勉強に為る学習会だそうです。


沖縄について勉強したい方は是非おいで下さい。
私も行ってみようと思います。
 

 

「沖縄対策本部」 ~沖縄を左翼から取り返さなければ日本の未来は無い~

<沖縄対策本部 情報交換会&作戦会議(1月7日池袋)>
 
平成25年第1回目の沖縄対策本部 情報交換会&作戦会議を開催いたします。
 
昨年12月に民主党革命政権は野に下りましたが、革命勢力は地下にもぐり安倍政権を倒すために動き出すことが予想されます。
 
左翼勢力は、沖縄が祖国復帰する前から数十年にわたり、沖縄の反米・反日活動に「人」、「モノ」、「金」の全面支援を続け、

更に沖縄のマスコミを完全に支配下にいれ沖縄県民の世論を日本革命に都合の良いようにつくり続けてきました。
 
今年は特に日本解体の闘争基地として安倍政権に総攻撃をかけるかのように沖縄を最大限に利用する事は間違いありません。

 

たとえば、安倍政権の国防強化政策にブレーキをかけるため、沖縄の米軍基地問題を針小棒大に騒ぎたて、沖縄県民の民意をねつ造し米軍追い出しの総攻撃をしかけてくるものと予想されます。
その扇動工作の最大のツールである沖縄マスコミです。
 
今年は、安倍政権を支えるためには、沖縄の左翼マスコミを無力化させる事がどうしても必要です。

そのためには、沖縄から正常な声を上げることが必要ですが、
現状の沖縄のマスコミ環境では、良識のある県民がいくら国防強化の声をあげてもマスコミは黙殺されてしまいます。
 
このような沖縄マスコミと戦うためには、全国の同志と沖縄の同志の太い絆と支援体制がどうしても必要です。
 
今年は、沖縄からどのような声をあげるべきか?東京からの応援体制を整えるためにどのような活動を行うべきか?
 
新しい勝負の年を迎えるに当たり、皆様で知恵を出し合い議論したいと思います。
 
新年早々ご多忙とは思いますがご参加を心よりお待ちしております。
 
(仲村覚)

 
※配布資料の準備のため下記FaceBookイベントまたはE-mailにて参加のお申込みをお願いいたします。
 
テーマ:(平成25年)沖縄から安倍内閣を支えるために
   ・ 沖縄売国勢力(沖縄自民党県連を含む)の最新状況
   ・ 平成25年度の沖縄対策本部の活動方針と活動計画
日 時:1月7日(月) 19:00~21:00
場 所:豊島区立勤労福祉会館
  
http://www.toshimamirai.jp/center/e_kinrou/
会場分担金+資料代=1500円
 
FaceBookイベント
http://www.facebook.com/events/549222045107505/
Email:
nakamura.satoru7@gmail.com

 


 

 

さんごの生まれ故郷のカオハガン島の写真展が開催されます。
島の持ち主の崎山克彦さんの親友の熊切圭介さんの写真展です。


熊切さんはカオハガン島をライフワークにされて居てたびたび写真集も

出版されて居ます。

 

 

熊切圭介写真展 

「カオハガン島からの風」

 

オリンパスギャラリー東京

1月17日(木)~1月23日(水)

 

オリンパスギャラリー大阪

1月31日(木)~2月13日(水)

 

午前10時~午後6時 最終日午後3時

日曜・祝日休館/入場無料

 

 

カオハガン島についての過去記事
崎山さんちの石窯

カオハガン島(南の島から交流会)

カオハガンの話

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。