スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷ぼろ市

25/1/15 (火)晴れ 富士山見える

 

今日買った蒸籠セットと杵

底は井桁になっております、こうでなくちゃいけないそうだ。

年季45年の蒸籠、さすがに断捨離しなくちゃね、

もう置き場がない。

 

 過去記事
アクティブなさんごママ

 

 

今日は忙しかった。
残雪で道路事情の悪い中、杉並区役所に戸籍謄本を取りに行く。
なにもこんな日に行かなくてもゆとりはあるんだけど思い立ったら

待てしばしがきかない。

 

午後から会社に行き、多少の雑務を片付けてから

皆さんに足元気をつけてよと声かけて貰って、

渋谷から三軒茶屋経由世田谷線沿線の「ぼろ市」に行った。

 

もう何年ぶりかねぇ、臼を買いに行って適当なサイズのがなかったので

注文してつくって貰って以来だから。


今日は何を買いに行ったかと言えば今度は杵を買いに行った。
息子が杵が小さすぎてやりにくいと言うし、今回息子が臼の鉢を叩いて

杵が傷ついたので新調しようと思った。


しかし以前に比べると臼杵屋さんは見たところ1軒だけだった。

それだけ売れないのだろうな。

 

創業百余年、4代目だと言うその若者の話しでは、
その店では木曽の木工職人に頼んでいるが職人も70過ぎで跡継ぎがいないので

遠からず消滅するだろうと言うの。


いろいろ餅つきの苦労話など聞いて貰ったが、やはり蒸かしが重要だとのこと。
それに蒸籠は木製に限るそうだ。

木製は余分な水分を吸収するのでいい蒸かしが出来るが金属製はその点よくないらしい。

 

木製でも底が穴一つのはよくないらしい、私が持っているのは4穴だ。
底が井桁になっているのがいいらしい。


う~~ん!どうしよう!買うか!買わざるべきか!迷いましたが!買いましたよ。

人生終章に入っているのに道具を買うかね。

だって旦那、もう餅つきはしないんだろうと言ってるし。

 

まっ!4代目の若店主が嬉しそうな顔をしていたのでよしとしよう。

 

しかしセットの鍋がねぇ、支那製なので悩みましたよ、

鍋はあらゆる形のを持っているので要らないと言ったんだけど、

蒸籠がそれに合わせて作ってあるしセットの値段なのでどうしても

持っていきなと言うの。
苦渋の決断をしましたよ。


鍋以外は全て木曽の職人が作った品で蒸籠は檜材、杵は頭が欅材で柄は樫材です。
さてこれだけの品物を持ち帰りました、杵は肩に掛けて持ち帰るのが「ぼろ市」スタイルだと言うので家まで肩に乗っけて帰りましたよ。

 

ところで世田谷区に文句を言いたい。
これだけ人を集める事業をやっているのに雪かきもしていない。
駅前もぼろ市道路も雪だらけ。
店の前だけ各店で雪かきをして道路中央に集めて居るので危なくてどうしようもない。
滑って転んでけが人がでたら世田谷区はどう責任を取るのかね。

 

杵:6,500円(7,350円と言っていた)
蒸籠セット:12000円(ステンレス鍋と蓋がセット)
蒸籠追加:8000円
計26,500円也
 

 

娘が更新しました。

愛なのだ  

  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。