スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ため口」が怖いから休もう

25/2/25 (月)晴れ 富士山見える

 

9時35分

 

 

今日は寝ていても気になって仕方無かった未処理の諸々を処理するために会社に行った。
体調も戻ったしね。

今朝、19日の日記に書いた92歳の女性の方から電話があった。
『息子が事故で死んだ~ 私一人になってしまった~』
えっ信じられません!

すぐさまサ席さんと連絡を取り一緒に訪問した。

 

三男さんとお孫さんがいて事情をお聞きしたら、22日の夜居酒屋に飲みに行き

お酒4合飲んだ、そして階段8段から転げ落ち救急車で運ばれたが意識不明のまま

翌日亡くなられたそうだ。

 

まったく人間明日の事も判りませんね。
あんなに悪態付いていた母親、後悔はありませんかね。
それよりも自分の事で一杯のようであった。
これが高齢老人の心なんですね。


過去記事

終末医療・高受益・高負担

 

次男・三男さんがいるが引き取りたくは無いらしい。
それより落ち付くまでショートステイを利用したいとのことだったので

私の無理を聞いてくれる介護施設に電話して葬儀が終わってから数日あずかって貰う様

話をつけた。
丁度私が居ない4日まで利用出来てほっとした。
帰国後5日にサ席と親族で今後の事を話あいする事にした。

 

この長男さんの70年の人生はなんだったんだろうか。
次男さん三男さんはそれぞれ立派な仕事を持ち家族を持っていらっしゃるが

長男に生まれたばかりに母親と同居してとうとう一生独身で通された。

 

三男さんのお話では
『母は自身は親の介護も誰の面倒も看たことが無く我が儘一杯でここまで来た人生だったんですよ』と仰っていた。
いつも長男への不平不満を述べ自分ほど不幸な者は居ない様に嘆き、早く死にたいよと

仰っていたがこれからの人生は何を生き甲斐になさるのだろうか。

 

その後1件訪問して帰社した。
会社の事務員(社長にも)にはインフルエンザの事を報告していたが「ため口」が異常に神経とがらすので社員には内緒にしてあった。

しかしなにも知らない私はインフルエンザに掛かった事を皆の衆に話したら
『え~~っ「
ため口」が聞いたら怒るよ、早く帰って完治するまで来ない方がいいよ~』と社長始め一斉に言う。


「ため口」は原爆二世なので免疫力が無いからすぐ感染するのだと言う。
先日も元女優と主任がノロウイルス(らしい)に掛かったのにすぐに出社したと言って

会議の時に二人を糾弾していた。

それで皆が恐れて居るのだ。

「ため口」は怖いよ!と


はいはい!皆様のご期待に添って明日からゆ~っくり休ませて頂きますよ。
来月5日まで来ませぇ~~ん!

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。