スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対馬の森購入希望者相次ぐ

15/8/30 (金)晴れ

 


日本人捨てたもんじゃないな!

 

対馬の森購入希望者相次ぐ!

 

環境保護団体等全国から購入の申し出が相次いだ。
良かった良かった。
全国の地主さん、山林を手放そうと思ったら、外国人等に売らないで

ちょっと広報してくださいよ。
そのくらいの手間は惜しまないでね。
特に産経新聞はお薦めです。

 


対馬の森 市が購入 ツシマヤマネコ生息地 競売中止へ

 

絶滅危惧種である「ツシマヤマネコ」が唯一生息する長崎県対馬市の

広大な森林地(260万平方メートル)が競売入札に付されていた問題で、
市は29日、債権者と合意ができたとして市が土地を購入することを決めた。


入札を管轄する長崎地裁厳原(いづはら)支部は30日にも債権者から取り下げ申立書が

届き次第、協議の上、入札手続きを中止する。

 

市は以前から購入の動きを見せていたが、金額などで折り合わず、

債権者が今月26日から入札手続きにかけていた。
入札期間は9月2日までで、売却基準価格は約3400万円。

 

市関係者によると、市は9月の定例議会に購入案を提示する予定。


29日付の本紙の報道後、市や裁判所には環境保護団体など全国から購入の申し出が相次いだ。

市は以前から債権者と協議を重ねてきたが、反響の大きさなども含め購入に踏み切ったという。

 

市は今後、環境省の対馬野生生物保護センターと連携して、ツシマヤマネコの保全に向けて森林地の活用策を探る。


このヤマネコは現在、推定で100匹程度しかおらず、最も絶滅の恐れが高い

「絶滅危惧IA類」に分類されている。


売りに出されていたのは、対馬市北東部に位置する上県(かみあがた)町の計49筆の土地で東京ドーム55個分に相当。


対馬で広大な森林地が売りに出されるのは初めてで、

韓国の業者も関心を示していた。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

対馬の森林は本当に良かったですね。
簡単に入札にかけるなど、どうかしています。

環境団体もイマイチ心配なので、対馬市がいいと思いました。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%25AF%25E3%2582%2584%25E3%2581%25B6%25E3%2581%2595/" class="keyword">はやぶさ

No title

wakawaka1961 さん
以前なら我々国民が知らないうちに売国行為が易々と行われて
いたんでしょうが、現在はネット社会で瞬く間に国民に知れ渡り
売国奴達にはやりにくい時代になったことでしょうね。
次から次えと気が抜けません。

大海に水を注ぐむなしさを感じますが、匙を投げるわけには
参りません。
頑張りましょう。
プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。