スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やった~2,020年東京オリンピック決定

25/9/8

 

 

 

最終ランナーだった坂井義則氏も折に触れてマスコミに登場なさいますね

             二個製作されて一個は川口市青木公園に設置されている

 

今朝の朝刊にも掲載されていなかったが、
テレビのお守をしている旦那が東京に決まったぞと知らせてくれた。

 

静かに嬉しい!
これからじわじわと嬉しさが増すことだろう!

 

思い起こせば、前回49年前(昭和39年、1,960年)の東京オリンピックは

東京にいながら何となくテレビで見て居たくらいで熱中してはいなかった。
東京に来てから4年経っていたが生活にゆとりがなかったのだ。
甲州街道傍の初台に越して来たらあちこち道路工事が行われていたがおリンピックに

むけての工事だったのだ。


マラソンも甲州街道で行われるのに沿道に見にも行かなかった。

一番印象的だったのは私はなぜかテレビを持っていたが、

同僚夫妻はテレビがなかったので私の部屋に観戦に来た。


その時見たのが棒高跳び決勝戦であった。
単調なのにこんなにエキサイトする競技は見たことがありません。
米・独の白人選手でしたが、その孤高な横顔がギリシャ彫刻の様に綺麗だった事が

印象に残っています。

東京オリンピックでフレッド・ハンセン(米)はヴォルフガング・ラインハルト(独)との5時間半にもわたる激闘を演じ、現在でも棒高跳有数の名勝負として語り継がれている。

 

オリンピックにどんな形であれ参加する事はその人生にとって誇り高いものを

残すでしょう。

護国活動で日夜活躍しておられる埼玉県川口市の宮内貞守氏は鋳物製作に必要な木型を

製作なさっていますが、東京オリンピックの聖火台の木型を作成した誇りを抱いて

人生を歩んで来られた様です。
名刺にも聖火台をすり込み初対面では必ずそのお話をなさいます。
これからもますます語られることでしょう。

 

2020年の東京オリンピックには元気で参加したいと思います。
どんなに高価でも開会式、閉会式には参列します。競技も出来るだけ観戦します。
さぁ生きる希望がわいてきたぞ~

 

日本人の品格を世界に示す大会にしましょう。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。