スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗な空気

25/9/18 (水)快晴 爽やか 富士山見える

 

我が家から

JR病院から新宿上空

帰宅したら既に日没していた

ミルクを混ぜたような夕焼け それなりに綺麗


台風の後、空が綺麗です。
昔は東京の空気は最悪でした。
私など息も絶え絶えで絶えず頭痛がしていました。
ノーシンやバッファリンは常備薬でした、

今は目の酷使か寝不足からの頭痛です。

 

新聞やマスコミで絶えず光化学スモッグ注意報や今日の光化学オキシダント濃度が

どうのこうのと発令されていましたが、
私はカナリヤ並みに敏感でそんな発令を知る前に自分の身体で感知していました。


たとえば渋滞している環七を30分走った(私が運転する訳ではありませんよ)だけで

頭が張り裂けそうな頭痛に見舞われていましたし、
又当時は美容院は室内給湯器が普通でしたのですぐに室内空気が酸欠状態になり、
瀕死の状態でよたよたと窓を開けて空気を吸わせて~と顔を外に出したこともあります。
そこにいた人達は平気な顔をしていました。

 

街路樹もコールタールを塗った様にべっとり汚染され瀕死の状態でした。
30代の終わり頃、神奈川県の座間市に一戸建てを買って引っ越し約10年してから

東京に戻ったら大分東京の空も綺麗になっていましたが、
石原知事時代にディーゼル車排ガス規制を断行してから東京の空気は格段に綺麗に

なりました。


私は石原さんに感謝しています。
最近では吸う空気も高原の爽やかさだと思います。

そう言えば最近は高原に行ってないな。
空を見上げていつも綺麗だなと感嘆の声をあげています。

 

所で娘は仕事で北京に行くことがありますが、

私は必ず言います。
「北京の水は飲んじゃ駄目、空気も吸っては駄目だよ」と
娘も心得たものでその矛盾には何ら反論しません。
昨日『北京の空気を吸ったせいか喉が痛い』と言いますので、
「だから北京の空気は吸うなと言ったでしょう」と言いました。

 

今夜は久しぶりにドラマを見た。

市原悦子の「新・交渉人百合子」

全然面白くなかった。

 

私は市原悦子がすきです。

50代の頃、市原悦子に似ていると言われて好感を持ったのです。

それで「家政婦は見た」を見る様になり、ホームヘルパーになる道に続いたのだと

思います。

 

市原悦子の選ぶ役柄は信頼して居たんですが、今夜の市原悦子は台詞回しも

いつもの調子じゃなかった。

わずかの違和感があった。

 

しかし私より数段綺麗なのは確か、あちらは女優だしね。

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。