FC2ブログ

自助努力

21/8/25 (火) 晴れ

 

 

1,300人で満席でした、その後も引き続き開講する

 

「国際フォーラム」

 

今日は12時30分から有楽町の国際フォーラムにて「要介護認定調査員ブロック研修会」を受講してきた。


これは全国7ケ所8回開催される研修で4月に改定されて、また10月から修正されるに付いての研修である。


対象者は
①委託調査員(居宅介護支援事業所)つまり私の身分
②自治体調査員(嘱託含む)
③自治体職員(都道府県)
④自治体職員(市区町村)
⑤介護認定審査会委員
⑥その他
である。


これは厚労省直々の研修で講師は厚労省の若手の官僚2人で弁舌爽やかでいかにもお勉強の出来るお坊ちゃんらしい風貌の男性であった。
はじめていろいろ文句言っている官僚にお目に掛かったわけだ。


介護認定調査ほどあいまいなものは無いと思う。
そのあいまいさを全て調査員と審査委員に投げられていると感じた。

 

もっとも百人百色の人生を数値化しようとすることが無理難題だと思う。

みんなの満足を満たそうと思えばそれは50%位の課税を覚悟しなければならないでしょう。

 

やはり自助努力が必要だと思うんですよ。


その言葉最近あまり聞かれなくなりましたね。
昔は良く聞きました、誰でも老後の為にコツコツと倹約を重ねて老後の為に蓄えていましたよね。どんなに貧しくてもせめて葬式代位はと言っているお年寄りが周りにいましたね。

 

今は政治家が「自助努力せよ」なんて言おうものなら「貧乏人は麦を食え」以上に叩かれますね。

 

最近は元気な内は宵のうちに使いたい放題使い、老後は丸腰で面倒見ろという風潮ですからね。

 

私ごとで恐縮ですが、うちはごく零細な印刷業を営んでいましたから印刷業の行く末と老後の不安が重くのしかかり倹約に倹約を重ねて必死で蓄えましたね。


ブラックホール口座」と言って一旦入れたら絶対下ろさない口座を持っていました。
それに1,000円でも2,000円でも予定外の収入があると入れていました。

確実な事はこの世を去るときしか判りませんが、おかげさまで自助努力と幸運に見舞われ何とか誰のお世話にもならずに過ごせそうです。

 

99歳で亡くなった義母も貧しい女工人生でしたが定年後はデパートの掃除婦として70歳位まで働き、そりゃ倹約して蓄え、99歳まで誰のお世話にもならずに天寿を全うしましたよ。

 

課税と言えば所得税は不公平ですよね。

給料取りは100%捕捉されているのに、自営の現金商売の方はどれほどの納税者でしょうか。うちも自営でしたが売り上げは100%隠しようがありませんでしたので、せいぜい経費で何とかするしかありませんでしたが、現金商売でレシートも出さない商店が消費税を取るのを苦々しく思っていましたね。


それに老人の非課税優遇もおかしいと思います。

例えば大金持ちでも給料収入が無ければ非課税で優遇措置が受けられるのなんか不公平だと思いませんか。


だから消費税となるわけですが、消費税と言えば自家用の家賃には課税されませんよね。


それは誰のお陰だと思いますか、

「それは私のお陰なんですよ」


その件はずっと以前に他の閉鎖的なサイトに書いていますので次回掲載しますので読んで下さいね。


 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんごママ

Author:さんごママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR